綺麗になりたい女性に必要なこと > クレンジングを効果的に行おう

クレンジングを効果的に行おう

化粧をしたら、その日のうちにメイクオフすることが美肌を保つ重要なポイントになってきます。
自分にあったクレンジングを選ぶためには、化粧下地やファンデーションの濃さと肌質を考慮することが大切です。
乾燥肌や敏感肌の人は、刺激が少ないものを選ぶことで肌ダメージを抑えることが期待できます。
さらにメイクが濃いという人は、洗浄力が強いタイプを選ぶことで素早くメイクオフできるので、肌負担を軽減させる効果があります。

オイルタイプのクレンジングは、洗浄力が強いという特徴があります。
そのため濃い目のアイメイクや口紅もスピーディーに落とすことができるので、しっかりメイクが好きな人に最適です。
オイルクレンジングは名前の通り油性で、滑らかな使い心地が魅力なうえ、肌をゴシゴシとこする必要もありません。

そのため素早くメイクオフすることで肌ダメージを少なくすることが可能です。
ただし、乾いた手で使用するものが多いので注意が必要です。

油性のオイルタイプとは反対に、水性なのがリキッドクレンジングです。
主成分が水のため、水クレンジングと呼ばれることもあります。
オイルタイプと同じぐらいに洗浄力が強いことが特徴で、サラサラとした使い心地が魅力です。

リキッドタイプは乾いた手はもちろん、お風呂場でも使用できるうえに、コットンに含ませて拭き取りタイプとしても使うことも可能です。
けれど、デメリットとして摩擦による肌ダメージが起きやすい点があげられます。

ナチュラルメイクが好きだという人は、洗浄力が弱めなクリームタイプがお勧めです。
適度に油分を含みつつサッパリとしたテクスチャーなので、水性のリキッドでは肌が引きつるという人にも最適です。
化粧下地やファンデーションはクリームタイプで落とせるものの、マスカラや口紅が残ってしまう場合は、メイクオフする前にリムーバーでポイントメイクを落とすようにしてみましょう。
そうすることで肌に余計な負担をかけずに、肌の汚れを取り除くことができます。

洗顔とクレンジングの相乗効果とは

クレンジングをしたら、その後に洗顔するのがお勧めです。
両方とも顔を洗うものですが、クレンジングはファンデーションやチークなどのメイク汚れを浮かすことが主な役割になってきます。
それに対して洗顔は、毛穴につまった汚れを取り除いたり、古い角質を洗い流す働きがあります。
クレンジングと洗顔を正しい方法で行うことで、肌を健やかな状態にすることが期待できます。

クレンジングはオイルやクリームなどの種類がありますが、どのタイプも素早く手洗いするように心がけましょう。
メイクの濃さによって個人差もありますが、皮膚の厚いおでこや鼻から洗いはじめ、その後、目元や頬を洗うのがお勧めです。
手洗いにかける時間の目安は、顔全体で1分以内にするようにしましょう。

洗顔は洗顔料を充分に泡立てることが重要なポイントになってきます。
手でゴシゴシと洗うのではなく、泡で洗うことをイメージすると肌にかかる負担を少なくすることができます。
これに加えて、クレンジングの時と同じように鼻やおでこから洗っていくことが大切です。
洗顔する時にフェイスマッサージをする人もいますが、これは肌を摩擦することに繋がるので控えるようにしましょう。

クレンジングも洗顔も、ぬるま湯で行うことで肌負担を軽減させることができます。
体温に近い温度のぬるま湯を使うことで、肌にあたえる刺激を少なくできるからです。
さらにぬるま湯で洗顔をすれば、皮脂を溶かして洗い流しやすくなるというメリットもあります。

正しい方法でクレンジングと洗顔を行えば、メイク汚れと皮脂などの汚れを短時間で取り除くことができます。
短い時間で肌を清潔な状態にすることができるので、その後の美容液などのスキンケアアイテムの浸透を高めることも期待できます。