綺麗になりたい女性に必要なこと > トレチノインとハイドロキノンの美白効果について

トレチノインとハイドロキノンの美白効果について

美白肌の女性

シミやシワ、たるみと言った年齢肌のサインが気になる人の多くがエイジングケアをしていますが、思うように効果を実感できなかったり、ケアしているのにシミやシワが深刻化して悩んでいるということはよくあります。
特にシミは、一度できてしまうと濃くなるばかりで徐々にメイクで隠し切れなくなったり、すっぴんに自信が持てなくなって行ったりするので女性にとってシミのケアは大変重要です。

シミで悩んでいる人の間で注目されている成分がトレチノインとハイドロキノンです。
美白用の化粧品に含まれている成分として知っている人も多いと思いますが、皮膚科でもシミの治療薬として使われる成分です。
多くのシミは、表皮の深い部分である基底層にメラニン色素が沈着しています。
この層にはメラニンを作り出す細胞があり、トレチノインは、基底層で作られたメラニン色素を外に出す働きがある成分です。

トレチノインは、表皮の細胞を活発に増殖させる働きがあるので、基底層で作られた細胞がどんどん上に上がっていき、皮膚と一緒にメラニン色素を排出します。
肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが早くなり、2~4週間でメラニン色素を外に出す効果があることが特徴です。
日焼けによるシミやそばかす、肝斑の治療に用いられることが多く、肝斑では時間がかかることがありますが効果を実感する人が多く注目されている成分です。

トレチノインと一緒に使うことが多いハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど効果を実感しやすい美白成分です。
メラニン色素合成酵素の働きを阻害したり、メラニン色素を作る細胞の働きを低下させることが特徴です。
ハイドロキノンで、メラニン色素を作り出しにくくした上で、トレチノインを使って肌のターンオーバーを促進することにより、肌の中にあるメラニン色素の量が減っていくので美白効果を実感できるという仕組みです。
トレチノインとハイドロキノンは、有効成分として化粧品に含まれていることもあります。

シミを消したい場合はハイドロキノン入りを選ぼう

日焼けによるシミやそばかす、肝斑など気になるシミを消したいという人におすすめなのがハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、メラニン色素を生成するもとになる細胞に働きかけるため、ターンオーバーによって基底層にあるメラニン色素が排出されていくと美白効果を実感することができ、シミが濃くなることも防ぐ効果があります。

ハイドロキノン入りを選ぶ時に気を付けたいのが、フランカルボン酸モメタゾンが配合されている場合です。
フランカルボン酸モメタゾンは、皮膚の入れ替わりを促進して、表皮を入れ替える作用が高い成分です。
しわやシミが目立ちにくいつるつるの肌になりますが、副作用で炎症を起こしたり、長く使い続けたりすることができない強い成分です。
即効性が高く肌の表面がきれいになるので、皮膚や頭皮の治療に用いられることがありますが、皮膚が薄くなる副作用があるので使用を避けるようにしましょう。

ハイドロキノン入りを選ぶ場合には、濃度がとても重要なポイントになります。
濃度が薄いと効果を実感しにくく、濃度が濃いと炎症を起こしてしまう可能性があります。
皮膚科などで処方してもらう場合には、医師が診察をしているので使用方法を守って高濃度の物を使用することができます。

化粧品などに含まれている場合は、安全に使用することができるようにクリニックよりは低い濃度にするというきまりがある医薬部外品になります。
濃度が低いとはいっても、効果をしっかりと実感できる人も多い医薬部外品なので、使用方法をきちんと守って使い、異常を感じたら医師の診察を受けることが大切です。
適切に使うと、美白効果を感じることができ、安全な成分なので、シミを消したい場合にはハイドロキノン入りを選ぶことがおすすめです。

トレチノインとハイドロキノンの美白効果についてを読まれたあなたにオススメの記事