綺麗になりたい女性に必要なこと > 化粧水を正しく使って美肌になろう

化粧水を正しく使って美肌になろう

多くの方が毎日のスキンケアで使用している化粧水ですが、意外と正しい使い方がなされていない場合も少なくないようです。
洗顔にばかり重点を置き、なんとなく適当に化粧水をつけるだけでは十分な保湿効果が期待できない可能性もあります。
正しい化粧水の使い方を理解することで、これまでの肌悩みに簡単におさらばし、美肌になることができるかもしれません。

まず普段使用している化粧水の量がどれくらいかを見直しましょう。
化粧水の最適な量は500円玉くらいの大きさが目安になります。
まずはじめに化粧水を手のひらにとりお顔全体にのせていきます。
両手の手のひらをお肌に密着させるイメージで、お顔の中心部分から外側に向かって優しくハンドプレスの要領で、押すようになじませていくのがポイントです。

次にコットンを使用して化粧水を馴染ませていきます。
コットンの半分以上が化粧水で十分に濡れるくらい含ませます。
そしてお顔全体を中心部分から外側に向けて軽いタッチで押さえるように馴染ませてください。
ここで注意したいのが、コットンでお肌を決してこすらないようにすることです。

初めに手のひらの体温をうまく利用して化粧水をお肌に浸透させたら、コットンで化粧水を塗布していくのが美肌になる使い方と言えます。
コットンに含ませる化粧水はケチらずに使用しましょう。
精製水などであらかじめコットンを湿らせ、手のひらで挟むようにして軽く水分を絞ってから、化粧水を含ませても構いません。

乾燥しやすい目元や、口元、加えて肌トラブルの気になる個所や皮脂分泌の多い部分には重ね付けをしてください。
新しいコットンに化粧水を含ませ、トントンと軽く押さえるように馴染ませていきます。

丁寧に化粧水をつけることで、洗顔後のお肌をしっかりと保湿することができ、そのあとに使用する乳液の浸透もこれまで以上にアップしてくれること間違いなしです。
今ある手持ちのスキンケア用品でも使い方ひとつで大きな効果を得ることが期待できます。
手とコットンをうまく使い分けてください。

手とコットンによる差について

化粧水を手でつける場合とコットンでつける場合、それぞれにどのような差があるのか気になります。
それぞれにメリットがありますので、効果的な働きをうまく取り入れて活用してみてください。

まず手で化粧水をつけるメリットは手のひらの体温で温まることによって得られる浸透の高さにあります。
ハンドプレスでしっかりと馴染ませることで、手のぬくもりによってお肌のより深層まで成分が浸透してくれるメリットが期待できます。

一方コットンで化粧水をつけるメリットは清潔に塗布することができ、肌への負担が少ないことです。
手のひらに比べ表面がデコボコしていないコットンは摩擦を防ぐことができ、肌負担が減ります。
また細菌などの心配もなく清潔な状態で化粧水をお顔に馴染ませることが可能となります。

コットンを使用する場合に覚えておきたいのが、コットンの質です。
毛羽立ちの少ないタイプが適しています。できるだけ良質のコットン選びをしてください。
また十分な量の化粧水をコットンに含ませることも大切です。余計な摩擦や刺激を与えません。

手とコットンによる違いを把握し、両者のメリットを得ることができるダブル使いの使い方でぜひその効果を実感してください。
お肌の乾燥改善には化粧水と乳液での保湿はとても大切です。
乾燥を改善することで、あらゆる肌トラブルが良くなります。

ニキビやしわ、シミ、気になる角栓などそれらすべてのトラブルは実は乾燥が大きく影響しています。
乾燥状態のお肌は肌バリアの機能が低下しているため、あらゆる肌トラブルを招く原因となります。
保湿に重点を置くことで乾燥改善イコール肌バリア機能の向上へと結びつき、今ある肌トラブルの改善へと導いてくれる期待が大きく高まります。