綺麗になりたい女性に必要なこと > 繰り返しできる大人ニキビの原因は何なのか?

繰り返しできる大人ニキビの原因は何なのか?

若い頃にもよくできたニキビですが、大人になっても時々できてしまうことがあります。
昔使っていた薬ではなかなか治りにくくなってしまっていますが、それは大人ニキビの原因は思春期などにできるニキビとは少し異なるためです。
皮脂の過剰分泌によって思春期のニキビは起こるのですが、大人の場合はそれとは違うのでケア商品を使っても逆効果になってしまうこともよくあります。

大人ニキビの原因は5つあります。

ホルモンバランスの乱れ
思春期のニキビも皮脂分泌を促す男性ホルモンが増えるせいで出来るのですが大人の女性でもホルモンバランスが乱れがちになると男性ホルモンの分泌量が増えて大人ニキビを発生させてしまいます。女性ホルモンのエストロゲンならば肌のバリア機能をあげるので大人ニキビは避けられます。もちろん多すぎる場合は婦人病などのリスクが高まりますのでバランスを整えることが必要になるのです。
偏食や自律神経の乱れ
睡眠不足などの生活習慣によって自律神経のうちの交感神経を刺激してしまうと男性ホルモンが分泌されて大人ニキビの原因となります。というのもダメージを受けた肌を修復するのは主に睡眠中に行われているからです。しっかりとノンレム睡眠をとっていなければターンオーバーがうまくできず睡眠の質が落ちてしまいます。また悪い生活習慣としてファーストフードやインスタント食品などを頻繁に食べていると油分が多いため、吹き出物を増やしてしまいます。
ストレス
過剰なストレスを受けた場合、睡眠不足と同様に体は危険信号と察知して自らを守ろうと男性ホルモンやノルアドレナリン成分を分泌するので、皮脂が過剰に出てしまうことになります。また肌が硬くなっていくため毛穴が収縮して毛穴づまりが起こりやすくなってそれがニキビになるのです。
乾燥
肌の角質層に潤いがなくなるとバリア機能が低下して角栓ができやすくなったり毛穴づまりが起こりやすくなってニキビになります。空気の乾燥の他、男性ホルモンも肌を乾燥させる作用があります。
ニキビ薬
市販の薬は大抵思春期の人のためのもので、皮脂を吸収する力が異常に強い成分が含まれています。使用すると肌を守るための皮脂もなくなってしまい大人ニキビになってしまうのです。思春期の場合は有効でも大人には逆効果になることが多いです。大人の場合は肌の新陳代謝を促し毛穴詰まりを解消する事が肝心なのです。

アダフェリンでニキビを治そう

大人のニキビに対して皮膚科ではアダフェリンと胃腸薬を処方することが多いです。
この薬は就寝前の1回、それを12週間使い続ければかなり消滅させることができると報告されています。
その効果の理由はアダパレンという有効成分が多く含まれているからです。

毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖することで大人ニキビは発生しますが、毛穴に詰まってしまった皮脂をアダパレンは効率よく取り除いてくれるのです。
大人ニキビに必要な皮膚の角化や毛穴の閉塞を改善する効果があります。
毛穴が詰まって皮脂分泌が加速してしまうことが原因なので、アダパレンが有効なのです。

使用方法は就寝する前の肌が清潔な状態で一日一回だけ使用することです。
副作用はあまりありませんが、何度も塗布してしまうと副作用として、クリームの作用が強すぎて日焼けする場合がありますので注意しましょう。
クリームなど普段のお手入れをした後にアダフェリンを塗った方が効果が高いです。

また先に塗ってしまうと広がりすぎてしまって不要な箇所に塗ってしまったり肝心な場所が薄くなってしまう可能性があります。
こうした使い方をすると改善効果が期待できないので、美容液やクリームなどのお手入れを全て終えた最後に塗ることが正しい使用方法です。
ニキビは悪化するとニキビ跡が残ってしまいます。
それは皮膚の真皮層で炎症が起こってしまうせいで、本来の肌のターンオーバーで自然に元の皮膚に戻ることが難しくなってしまいます。

ニキビを指で潰してしまったりすることも手に付着している菌が皮膚組織の中に入って炎症を進めてしまう可能性があります。
そうすることでニキビ跡としてシミになって肌に残ってしまうのです。

また周辺の皮膚なども爪で傷つけてしまう可能性がありますので、それで炎症を拡大させてしまうこともあります。
後になるとなかなか直せなくなってしまいます。
アダフェリンは予防にもなるので出来かけた時にすぐに塗布するように心がけましょう。

繰り返しできる大人ニキビの原因は何なのか?を読まれたあなたにオススメの記事